セノビック デメリット

セノビックを使用前に確認しておくべきデメリット、使用上の注意なども併せて紹介

成長期の子供は、体を構成するのに多くの栄養を必要とします。しかしその一方、好き嫌いの激しい時期でもあるため、栄養が偏りやすくなってしまいます。体が小さいと、学校でからかわれるなど、子供にとっては大きなデメリットを背負うことになるので、早期解決してあげたいですよね。

 

ところが、嫌いな食べ物を無理矢理口に押し込んでも、体が拒否して吸収されないこともあります。
それに、補給するなら美味しく続けられる飲食物の方が良いですよね。

 

 

セノビックは、成長期の子供に適した飲料ですが、どのような飲み方をすれば良いのでしょうか。

 

セノビックは、牛乳で溶かして飲む栄養機能食品です。
カルシウムやたんぱく質をはじめ、血液を作る鉄分や筋肉の成長に必要なプロテインが豊富に含まれています。
5種類の味が楽しめるので、飽きずに続けることが出来るのが嬉しい点です。

 

しかし、セノビックにはデメリットもあります。
セノビックは牛乳で溶かして飲むものなので、牛乳が嫌いな人や牛乳アレルギーを持つ人などは、セノビックを飲むことが出来ません。
また、セノビックは成長期に不足しがちな栄養を補う飲料であり、成長を促す飲料ではないことを知っておきましょう。
成長するためには成長ホルモンの分泌が必要です。それを促す栄養がアルギニンなのですが、セノビックはアルギニンを配合していません。身長を伸ばしたいなら、アルギニン配合のサプリメントを別に摂取するか、食事からの摂取に気を配る必要があります。

 

本来なら、食事から摂取したい栄養ですが、不足するようならセノビックでフォローしたいですね。
ただし、これらのデメリットをしっかり認識していないと、継続出来なくなってしまいます。
目的を見定めてから検討してくださいね。